コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高島玄札 たかしま げんさつ

2件 の用語解説(高島玄札の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高島玄札 たかしま-げんさつ

1594-1676 江戸時代前期の医師,俳人。
文禄(ぶんろく)3年生まれ。江戸にでて商家につとめたが,42歳で医師を開業する。俳諧(はいかい)を松永貞徳にまなぶ。貞門五俳哲のひとり。延宝4年死去。83歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。名は玄道。著作に「誹諧抜書」,句集に「とくさ千句」(門人白鴎との両吟)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高島玄札

没年:延宝4(1676)
生年:文禄3(1594)
江戸前期の俳人。名は玄道。伊勢(三重県)山田の人で,同地俳壇の古老高島利清の子。慶長19(1614)年ごろ江戸へ出て町家に勤めたのち,医業のかたわら俳諧点者となる。斎藤徳元と並ぶ江戸俳壇草創期の中心人物で,貞門江戸五俳哲のひとり。貞門の第1選集『犬子集』(1633)に,徳元に次いで江戸俳人中第2位の句数が入集する。明暦3(1657)年冬,門人白鴎と両吟の『十種千句』(刊行は1668年)が成る。俳風は,「寛永やあけ七歳のむま(午)の年」などの句のように「上より言掛て興を顕す」(『滑稽太平記』)と評され,言語遊戯をもっぱらとした。

(加藤定彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高島玄札の言及

【玄札】より

…江戸前期の俳人。姓は高島。伊勢山田の人。1614年(慶長19)ごろ江戸に出て,日本橋南室町の商家に奉公したが,学問を好んで医と俳諧を業とするに至った。肥後守保科正之から五人扶持を賜ったとも伝える。徳元(とくげん)とともに草創期江戸俳壇の大立者で,貞門俳諧の地方普及に果たした功績は大きい。1674‐77(延宝2‐5)ごろ没。〈卯の花のおつるは風のおこり哉〉(《滑稽太平記》)。【乾 裕幸】…

※「高島玄札」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高島玄札の関連キーワード三浦樗良阿形但秀半井和年浦田蘆本大谷古益河曲一蜂久米田杉尋古森里朴杉木正友杉木美津

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone