コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞門俳諧 ていもんはいかい

1件 の用語解説(貞門俳諧の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ていもんはいかい【貞門俳諧】

江戸前期の俳諧流派,またその俳風。談林(だんりん)の新風・異風に対して古風・正風ともいう。〈貞門〉とは松永貞徳(ていとく)の俳門の意。俳風の上から宗鑑(そうかん),守武(もりたけ)(荒木田守武)以来の俳諧を,流派の上から18~19世紀の貞山,天来あたりまでを加えて貞門と呼ぶこともあるが,一般的には貞徳を盟主とする俳諧集団とその俳風をいう。 宗鑑,守武の16世紀から貞門派の台頭する17世紀までの約100年間は,三浦為春の《犬俤(いぬおもかげ)》《野犴(やかん)集》に代表されるような知識人の余技としての微温的なことば遊びの俳諧と,卑俗・露骨をいとわない言捨(いいずて)俳諧とが並び行われていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の貞門俳諧の言及

【紅梅千句】より

…書名は巻頭の貞徳発句〈紅梅やかの銀公のからころも〉による。本書は貞門俳諧の到達した一頂点を示す代表的連句作品で,よく流布して版を重ねたが,談林からは,連歌への接近が指摘され,俳諧性が薄いと非難された。【乾 裕幸】。…

※「貞門俳諧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

貞門俳諧の関連キーワード談林十百韻貞門伊丹風次韻重頼虚栗近来俳諧風体抄談林派談林風内田橋水

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone