コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄武岩質玻璃 げんぶがんしつはり tachylyte

1件 の用語解説(玄武岩質玻璃の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

玄武岩質玻璃

玄武岩質の組成の黒い緻密なガラス質岩石.一般に岩脈や岩床の急冷した縁部に産する.しかしハワイにはすべてこの岩石の熔岩流が産出する.ブライトハウプトは酸に溶けやすいガラス状物質に命名し鉱物と考えていたが[Breithaupt : 1826],ツィルケルは現在考えられているような玄武岩質ガラスであるとした[Zirkel : 1866].薄片では濃茶色からほとんど不透明で,微結晶が散在する.岩石名は溶けやすいという意味で,ギリシャ語でtachysは早い,lytosは熔融または融解の意味.したがってtachyliteと書いては間違いである.玄武岩質熔岩が海底や氷河底の条件で急冷した生成物は明るい色の綺麗な玄武岩質ガラスとなり,シデロメレン(sideromelane)として区別されている[Tomkeieff : 1983].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玄武岩質玻璃の関連キーワード玄武岩質マグマ玄武岩質粘土偽玄武岩玻璃玻璃斑岩球顆玄武岩ハイアロメレインハイドロ玄武岩質玻璃玻璃玄武岩玻璃斑岩質玄武岩マグマ玄武岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone