コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄武球顆状組織 げんぶきゅうかじょうそしき variolitic texture

1件 の用語解説(玄武球顆状組織の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

玄武球顆状組織

塩基性の岩石の中に見られる組織で,通常は球顆は斜長石の繊維状結晶が放射状に集合して形成され,その粒間にはガラスオージャイト,橄欖石などが含まれている.球顆組織をもつ岩石の外観はあばた(天然痘の痕)または斑状のように見える[Naumann : 1849, Tyrrell : 1926].ラテン語variolaは天然痘のこと.一般にvarioliteを球顆玄武岩と訳すが,組織名では玄武球顆状としている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玄武球顆状組織の関連キーワード塩基性肥料超塩基性岩アジノール残留組織続成組織偽流体状組織環礁組織砂糖状塩基性残留物ピペルノイド組織

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone