コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄武球顆状組織 げんぶきゅうかじょうそしきvariolitic texture

岩石学辞典の解説

玄武球顆状組織

塩基性の岩石の中に見られる組織で,通常は球顆は斜長石の繊維状結晶が放射状に集合して形成され,その粒間にはガラス,オージャイト橄欖石などが含まれている.球顆組織をもつ岩石の外観はあばた(天然痘の痕)または斑状のように見える[Naumann : 1849, Tyrrell : 1926].ラテン語variolaは天然痘のこと.一般にvarioliteを球顆玄武岩と訳すが,組織名では玄武球顆状としている.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

玄武球顆状組織の関連キーワード塩基性

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android