コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

球顆玄武岩 きゅうかげんぶがんvariolite

翻訳|variolite

岩石学辞典の解説

球顆玄武岩

非顕晶質の玄武岩質または安山岩質の岩石で,無数の放射状組織を示す長石質の球顆(variole)を含むものであるが[Aldrovande : 1648],その後,杏仁状玄武岩を含めるかどうかなどの議論があった.ヴァリオライトは玄武岩質ないし安山岩質の組成,ヴァリオール(variole)とは長石と輝石の微結晶が球状,卵状,葉状に集合した球顆のことで,この球顆が微晶質あるいは半ガラス質の石基の中にある組織を示している岩石である.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone