コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉城末一 たまき すえかづ

美術人名辞典の解説

玉城末一

日本画家。大阪生。京美工・京都絵専卒。帝展入選後、国展に出品、国画奨学金を受け、国展会友となる。同会解散ののち、新樹社結成に参加。かげりのある人物画佳作を残した。昭和18年(1943)歿、46才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉城末一 たまき-すえかず

1897-1943 大正-昭和時代前期の日本画家。
明治30年生まれ。大正11年帝展に初入選。14年から国画創作協会展に「宇吉」などを出品。昭和3年新樹社結成にくわわるが翌年解散後,画壇からはなれる。「節子」などの人物画をえがいた。昭和18年死去。47歳。大阪出身。京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例