コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉巌悟心 ぎょくがん ごしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉巌悟心 ぎょくがん-ごしん

?-? 南北朝-室町時代の尼僧。
西園寺実衡(さいおんじ-さねひら)の孫。臨済(りんざい)宗。景愛寺2世。叔母の無相定円禅尼(光厳(こうごん)天皇妃)が足利義満にまねかれてすんでいた花の御所内の岡松殿に禅尼の死後にはいり,これを禅尼を開基とする寺として大聖寺(だいしょうじ)と改称したとされる。応永(おうえい)14年(1407)に死去か。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

玉巌悟心

没年:応永14?(1407)
生年:生年不詳
比丘尼御所大聖寺の開山と伝承される南北朝時代臨済宗の尼。西園寺実衡の孫で,景愛寺の第2世となり,叔母に当たる実衡娘の光厳天皇妃の無相定円禅尼のために,足利義満が構えた花の御所内の邸宅,岡松殿に入り,これを大聖寺に改めた。<参考文献>『岳松山大聖尼寺逓代伝系録』

(岡佳子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone