禅尼(読み)ゼンニ

大辞林 第三版の解説

ぜんに【禅尼】

在家のまま仏門に入り剃髪した女性。禅定尼ぜんじように。 ⇔ 禅門 「相模守時頼の母は、松下-とぞ申しける/徒然 184
禅宗で、在家の女性の法名の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐に【禅尼】

〘名〙 仏語。仏門にはいった女子。また、禅門に帰依した女子。
※たまきはる‐定家奥書(13C前)「以養子之禅令書云々」
※平治(1220頃か)下「尾張守の母、池の禅尼と申すは、清盛のためには継母にて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android