コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西園寺実衡 さいおんじ さねひら

2件 の用語解説(西園寺実衡の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西園寺実衡 さいおんじ-さねひら

1290-1326 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
正応(しょうおう)3年生まれ。西園寺公衡(きんひら)の子。母は藤原経任の娘。嘉元(かげん)2年従三位。元亨(げんこう)2年大納言にすすみ,同年祖父西園寺実兼の死により家督をついで関東申次(もうしつぎ)に就任。4年内大臣にのぼった。正二位。嘉暦(かりゃく)元年11月18日死去。37歳。今出川前内大臣,竹中殿とよばれた。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

西園寺実衡

没年:嘉暦1.11.18(1326.12.13)
生年:正応3(1290)
鎌倉時代後期の公家。関東申次。父は西園寺公衡。母は権大納言中御門経任の娘。嘉元2(1304)年1月従三位に叙される。元亨2(1322)年8月大納言に進んだが,翌月2度目の関東申次の役職にあった祖父実兼が没すると,鎌倉幕府の承認を得て,この役職についた。正中1(1324)年4月内大臣となるが,嘉暦1(1326)年10月辞し,翌月没。実衡の関東申次時代には,正中の変がおこるなど後醍醐天皇による討幕の機運が高まり,朝廷と幕府の間には問題が山積した。『徒然草』日野資朝ラディカルな性格に対比する形で,実衡の伝統を重んじる性格を描き出している。

(森茂暁)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

西園寺実衡の関連キーワード西園寺実衡浅原為頼浅原為頼北畠具行寂室元光管見記オスマン邦良親王日野俊光嘉暦

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone