コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉松小十郎 たままつ こじゅうろう

1件 の用語解説(玉松小十郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉松小十郎 たままつ-こじゅうろう

?-? 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者,歌舞伎作者。
はじめ役者として江戸市村座の立役(たちやく)をつとめたが,宝永(1704-11)のころ作者に転じる。市村座,森田座を拠点にし,享保(きょうほう)末には初代津打治兵衛(つうち-じへえ)らの助手をつとめる。浄瑠璃(じょうるり)の作詞もおこなった。初名は玉村小十郎。俳名は楓晩。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

玉松小十郎の関連キーワード歌舞伎役者荒木武兵衛伊藤小太夫(初代)杉九兵衛杉伝十郎玉井権八段助鳥居庄七中村勘之丞花井才三郎(2代)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone