コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉松小十郎 たままつ こじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉松小十郎 たままつ-こじゅうろう

?-? 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者,歌舞伎作者。
はじめ役者として江戸市村座の立役(たちやく)をつとめたが,宝永(1704-11)のころ作者に転じる。市村座,森田座を拠点にし,享保(きょうほう)末には初代津打治兵衛(つうち-じへえ)らの助手をつとめる。浄瑠璃(じょうるり)の作詞もおこなった。初名は玉村小十郎。俳名は楓晩。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

玉松小十郎の関連キーワード歌舞伎役者歌舞伎

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android