コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉桂 タマカツラ

デジタル大辞泉の解説

たま‐かつら【玉×桂】

月の中にあるというカツラの木。また、異称
「のちつひにいかにせよとか―恋ひする宿に生ひまさるらむ」〈新撰万葉・恋〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たまかつら【玉桂】

〔「たま」は美称〕
月の中にあるという桂の木。また、月の異名。 「恋ひわびぬ影をだに見じ-/新撰万葉」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

玉桂の関連キーワード滋賀県甲賀市信楽町勅旨将棋の格言柳沢淇園内田沾山池玉瀾源智美称

玉桂の関連情報