コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉清照応宮 ぎょくせいしょうおうきゅうYù qīng zhào yìng gōng

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょくせいしょうおうきゅう【玉清照応宮 Yù qīng zhào yìng gōng】

中国,北宋時代,1014年(大中祥符7)に建造された大宮殿。3代皇帝真宗の大中祥符1年(1008),天から瑞書(天書)が宮中左承門に下ったとして,各地で天地が盛大に祭られ,道教関係の建物が造営された。開封宮城の北西に接して,天書を奉安し,皇帝の祖先を祭るため建てられた道観が玉清照応宮である。東西311歩,南北430歩,大蔵大臣丁謂(ていい)が総指揮に当たり,国費を傾け6年がかりで完成したが,1029年(天聖7)の雷雨による火災で灰燼(かいじん)に帰した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

玉清照応宮の関連キーワードサムイルスウェイン1世スベン[1世]アゼルレッド2世オブライエン家ハインリヒ2世(聖王)ラージャラージャ1世クヌード(大王)金の相場巴里

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android