コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉琴 タマゴト

デジタル大辞泉の解説

たま‐ごと【玉琴】

玉で飾った琴。また、琴の美称
「―、和歌に心をなし」〈浮・織留・六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の玉琴の言及

【二弦琴】より

…二弦琴に1弦を加えて3弦としたものに,大和琴(やまとごと)または初瀬琴と称するものや,田村竹琴創案の竹琴などがあったが,伝承は絶えている。 八雲琴は,1820年(文政3)中山琴主(なかやまことぬし)(1803‐80)が創案,出雲大社などに献奏する音楽に用いたので,当初は出雲琴(いずもごと)とも称し,美称として玉琴(たまごと)とも称したが,後にその処女作《八雲曲(やくもふり)》にちなんで八雲琴と改称した。形態は,一弦琴を模して作られたらしく,当初は太い竹を二つ割りにしたものを用いたが,後には杉または桐で作り,湾曲をつけ竹の節を彫刻する。…

※「玉琴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

玉琴の関連キーワードサプキョ(挿橋)川桜姫全伝曙草紙六人部是香小林 玉枝大岸 藤琴一色 輝琴大岸 元琴細井貞雄緒合はせ二弦琴八雲琴二絃琴

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉琴の関連情報