コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉落ち タマオチ

デジタル大辞泉の解説

たま‐おち【玉落ち】

江戸時代、春・夏・冬の年3回、浅草の蔵前旗本御家人に知行米・扶持米(ふちまい)を交付する順を決める抽選法。各自の氏名および受け取り高を記した紙片を丸めて箱に入れ、その中から下に落ちた紙片の人から順に交付した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たまおち【玉落ち】

江戸浅草の蔵前で、旗本や御家人の中で蔵米取りの者に扶持米を払い渡す際の抽選法。氏名と受け取り高を記入した紙を丸めて箱に入れ、その中から落ちた順に交付する。年三回春・夏・冬に行われた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

玉落ちの関連キーワード玉・珠・球・弾・弾丸・璧江戸時代蔵米取り扶持米

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉落ちの関連情報