コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵前 くらまえ

6件 の用語解説(蔵前の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蔵前
くらまえ

東京都台東区南東部の隅田川西岸の地区。玩具,文房具,造花などの卸売問屋街を形成。地名は江戸幕府の米蔵があり,付近を御蔵前 (おくらまえ) と称したことによる。東京工業大学発祥地 (現在,目黒区大岡山) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くらまえ〔くらまへ〕【蔵前】

東京都台東区の地名。隅田川の西岸にあり、江戸時代に幕府の米蔵が置かれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

蔵前【くらまえ】

東京都台東区,隅田川右岸の一地区。江戸時代幕府の米蔵が並び,旗本・御家人の俸禄である米を支給し,米を買い取る札差の店も多かった。現在は玩具(がんぐ),文房具,造花などの卸問屋街。
→関連項目浅草

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くらまえ【蔵前】

東京都台東区南東部の地名。浅草の南,隅田川右岸に位置する。1620年(元和6)江戸幕府がこの地に浅草御蔵(幕府最大の米蔵),舟着場をつくり,付近を御蔵前(おくらまえ)と呼んだことに始まる。札差や米問屋が集まり繁栄したが,明治以後,かわって人形,玩具,文房具,雑貨などの卸売問屋が集中するようになった。1881年に東京職工学校(東京工業大学の前身)がつくられ,蔵前と通称されたが,1924年大岡山(現,目黒区大岡山)に移転した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くらまえ【蔵前】

東京都台東区浅草、隅田川の西岸の地名。江戸時代、幕府の米倉があり、札差ふださしが多く住んでいた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蔵前
くらまえ

東京都台東(たいとう)区南東部の地区。隅田(すみだ)川右岸で、1620年(元和6)江戸幕府の米蔵が建設され、その蔵の前にあたる旧奥州街道筋の一帯を御蔵前(おくらまえ)とよび、現在の地名となった。米を扱う商人に札差(ふださし)業を営む者が多く金融の中心となった。現在は玩具(がんぐ)、文具、造花などの問屋が集中している。1954年(昭和29)国技館が完成し、相撲(すもう)で全国に知られるようになったが、狭小なため1985年両国へ再移転した。ここは東京工業大学(旧、蔵前高等工業)の発祥地でもある。墨田区との間の隅田川には蔵前橋が架かっている。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の蔵前の言及

【浅草】より

…現在の浅草はきわめて娯楽性の強い地区で,寺の正面の雷門と仁王門(宝蔵殿)の間の東西両側に長さ140mの仲見世と呼ばれる小間物,人形小物,雷おこしなどのみやげ品店があり,周辺は現代化が進んだとはいえ,祭りや酉の市,歳の市などの年中行事にも下町情緒が色濃く残っている。また浅草地区にはさまざまな製造卸問屋街が集まり,皮革・靴材料(浅草6丁目など),食器・ウィンドーサンプル(西浅草),神仏具(元浅草),玩具(浅草橋,蔵前),帽子・洋傘(鳥越)など,それぞれの地区をつくって存在し,すぐ西側の上野(下谷)から中央区へかけての日本最大の問屋集中地域の一部となっている。【正井 泰夫】
[歴史]
 奈良時代以来の古刹浅草寺を中心とする地域であるが,地名の由来には浅い草むらが広がっていたことによるとの説(《江戸砂子》)などがある。…

【浅草御蔵】より

…1620年(元和6)創設。町年寄樽屋藤左衛門元次が設計し,隅田川右岸の湾入部(現,東京都台東区蔵前1・2丁目)を埋め立て,川側344間(約625m)の間に8本の船入り堀を設けて,総面積3万6648坪(約12ha)の敷地が造成された。ここに天明年間(1781‐89)までに51棟254戸前の大倉庫群が建設され(のち67棟まで増設),毎年30万~40万石の米穀が出納された。…

※「蔵前」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蔵前の関連キーワード東京都台東区浅草橋東京都台東区今戸東京都台東区蔵前東京都台東区台東東京都台東区西浅草東京都台東区根岸東京都台東区花川戸東京都台東区東浅草東京都台東区元浅草東京都台東区竜泉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蔵前の関連情報