コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王将戦 おうしょうせん

2件 の用語解説(王将戦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王将戦
おうしょうせん

将棋タイトル戦の1つで,1950年に創設された。主催はスポーツニッポン新聞。トーナメント式予選を勝ち抜いた3名とシードの4名とでリーグ戦を行い,第1位となった棋士と前年度の王将による7番勝負でその年の王将位を決する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おうしょう‐せん〔ワウシヤウ‐〕【王将戦】

将棋の七大タイトル戦の一。昭和25年(1950)創設。七番勝負で行われる。勝者は王将タイトルを手にし、通算で10期以上、タイトルを獲得した棋士には永世王将を名乗る資格が与えられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

王将戦の関連キーワード冤罪現代資本主義中南米映画人口爆発日野TH10型トラックATG国勢調査社史新日本文学女性団体

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

王将戦の関連情報