王将戦(読み)オウショウセン

デジタル大辞泉「王将戦」の解説

おうしょう‐せん〔ワウシヤウ‐〕【王将戦】

将棋八大タイトル戦の一。昭和25年(1950)創設。予選を勝ち抜いた棋士タイトル保持者が七番勝負で対戦し、その勝者王将のタイトルを獲得する。通算で10期以上、タイトルを獲得した棋士には永世王将を名乗る資格が与えられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「王将戦」の解説

王将戦
おうしょうせん

将棋タイトル戦の1つで,1950年に創設された。主催はスポーツニッポン新聞。トーナメント式予選を勝ち抜いた3名とシードの4名とでリーグ戦を行い,第1位となった棋士と前年度の王将による7番勝負でその年の王将位を決する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android