王将戦(読み)おうしょうせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王将戦
おうしょうせん

将棋タイトル戦の1つで,1950年に創設された。主催はスポーツニッポン新聞。トーナメント式予選を勝ち抜いた3名とシードの4名とでリーグ戦を行い,第1位となった棋士前年度王将による7番勝負でその年の王将位を決する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おうしょう‐せん〔ワウシヤウ‐〕【王将戦】

将棋の八大タイトル戦の一。昭和25年(1950)創設。予選を勝ち抜いた棋士とタイトル保持者が七番勝負で対戦し、その勝者王将のタイトルを獲得する。通算で10期以上、タイトルを獲得した棋士には永世王将を名乗る資格が与えられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

王将戦の関連情報