通算(読み)つうさん

精選版 日本国語大辞典「通算」の解説

つう‐さん【通算】

〘名〙 全部をひっくるめて計算すること。しめ。通計総計
※弘道館記述義(1852)下「通算墾田三十五万石
大塩平八郎(1914)〈森鴎外〉一〇「京橋組、玉造組、東西大番を通算(ツウサン)すると」 〔元稹‐估客楽〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android