コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現し身 ウツシミ

2件 の用語解説(現し身の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うつし‐み【現し身】

現在生きている身。うつせみ。
「こうして―の女の肉に引きずられる執念は」〈石川淳・普賢〉
[補説]江戸時代の国学者が上代語の「うつしおみ」また「うつそみ」「うつせみ」の原形を「現し身」と考えて作り出した語。
書名別項。→うつしみ

うつしみ[書名]

上田三四二の随筆。昭和53年(1978)刊行。副題「この内なる自然」。闘病を通じて死と向き合い、自然と身体の一体化を模索する自身の姿を描く。昭和54年(1979)、第7回平林たい子文学賞を受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現し身の関連キーワード現身生き牛生き血生き恥生き身現在生現しおみ空蝉空蝉の現そみ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone