コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現し身 ウツシミ

デジタル大辞泉の解説

うつし‐み【現し身】

現在生きている身。うつせみ。
「こうして―の女の肉に引きずられる執念は」〈石川淳・普賢〉
[補説]江戸時代の国学者が上代語の「うつしおみ」また「うつそみ」「うつせみ」の原形を「現し身」と考えて作り出した語。
書名別項。→うつしみ

うつしみ[書名]

上田三四二の随筆。昭和53年(1978)刊行。副題「この内なる自然」。闘病を通じて死と向き合い、自然と身体の一体化を模索する自身の姿を描く。昭和54年(1979)、第7回平林たい子文学賞を受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例