コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川淳 いしかわじゅん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石川淳
いしかわじゅん

[生]1899.3.7. 東京
[没]1987.12.29. 東京
小説家。 1920年東京外国語学校仏語科卒業。アナトール・フランスの『赤い百合』,アンドレ・ジッドの『背徳者』『贋金づくり』『法王庁の抜け穴』,モリエールの『人間嫌い』などの訳業に従事,その主題と手法を消化吸収してから 36歳で処女作『佳人』 (1935) を発表。同年の『貧窮問答』『葦手』,翌 36年の『山桜』『普賢 (ふげん) 』,38年の『曾呂利咄 (ばなし) 』でたちまち注目を浴びた。第4回芥川賞受賞作となった『普賢』は,憧れの少女の荒廃に絶望した「わたし」の「普賢行」による転生をテーマとし,大胆なフィクションと戯作 (げさく) 風の手法を駆使して戦時下の閉塞状況に挑もうとした作品である。続く『マルスの歌』 (38) は反軍国主義とされ発禁処分を受けた。しかしその態度は変ることなく,敗戦直後の 46年には,混乱と人間喪失を止った時計や失われた帽子に仮託した『黄金伝説』や『無尽灯』『焼跡のイエス』を発表して,現実を自在に抽象しながらアイロニーに満ちた虚構の世界に精神の劇を具体化するという独自の方法を完成した。ほかにデフォルメ化を徹底させた『』 (53) ,『珊瑚 (さんご) 』 (53) ,『鳴神 (なるかみ) 』 (54) ,歴史小説に新境地を開いた『諸国畸人伝』 (55~57) ,文部大臣賞を受けた『紫苑 (しおん) 物語』 (56) などがある。また,『天馬賦』 (69) では学生の「造反」に取材して,現代的状況へのなお衰えぬ関心を示した。『鴎外選集』 (21巻,78~80) を単独編集。 80年長編『狂風記』を刊。 61年日本芸術院賞受賞。芸術院会員

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

石川淳【いしかわじゅん】

小説家。号は夷斎(いさい)。東京生れ。東京外語大フランス語科卒。1936年《普賢(ふげん)》で芥川賞仏文学江戸文学に造詣(ぞうけい)深く,ユニークな芸術至上主義的作品が多い。
→関連項目無頼派

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川淳 いしかわ-じゅん

1899-1987 昭和時代の小説家。
明治32年3月7日生まれ。昭和12年「普賢(ふげん)」で芥川賞。「マルスの歌」が反戦的とされ発禁処分をうけ,江戸文学の世界にこもる。戦後は「黄金伝説」「焼跡のイエス」で新戯作(げさく)派とよばれ,ついで「紫苑(しおん)物語」「狂風記」と旺盛な創作力でかきついだ。芸術院会員。昭和62年12月29日死去。88歳。東京出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。号は夷斎(いさい)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いしかわじゅん【石川淳】

1899‐1987(明治32‐昭和62)
小説家。東京浅草に生まれる。1920年,東京外国語学校フランス語科を卒業。24年,福岡高等学校講師になるが翌年には辞任。昭和初年代にはジッド,モリエールなどフランス文学の翻訳家として活動するが,この時期は小説方法の開眼を待つひそかな雌伏期間であり,36年に翌年第4回芥川賞受賞作となる《普賢(ふげん)》を発表し,それ以後文学界に特異な位置を確立する。戦前の代表作としては,小説《マルスの歌》(1938),《白描》(1939),批評《森鷗外》(1941),《文学大概》(1942)があげられよう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いしかわじゅん【石川淳】

1899~1987) 小説家・評論家。東京生まれ。東京外語卒。「普賢」で芥川賞受賞。第二次大戦中は江戸戯作げさくを論じて時流に抗し、戦後「焼跡のイエス」で復活。フランス二〇世紀文学と革命思想の融合した独自の幻想的な文学世界を築く。他に「紫苑物語」「至福千年」「狂風記」、評論「文学大概」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石川淳
いしかわじゅん
(1899―1987)

小説家、評論家。夷斎(いさい)と号す。明治32年3月7日東京・浅草に生まれ、東京外国語学校仏語科に学ぶ。卒業後福岡高校フランス語講師となるが、やがて辞職。作者37歳『佳人』(1935)による遅ればせな文学的出発までに、小説、エッセイの習作若干、翻訳数編がある。この間の空白期はいわば櫛風沐雨(しっぷうもくう)の修業時代であり、作者が幼少期を過ごした浅草の知的な文雅の風土雰囲気とともに、後年の作家の形成に資するところ大であった。『佳人』ののち『葦手(あしで)』(1935)、『普賢(ふげん)』(1936。芥川(あくたがわ)賞受賞)が続いて発表されるが、いずれも理想の喪失と、絶望からの再生の物語であり、またそこには、この作者の「方法」ともいうべきものが、ほぼその全体的な姿において確立されていたことがうかがわれる。発見より発明へ、位置より運動へという方式の選択、ペンの運動とともに考えるというその特異な小説論等々。続く『マルスの歌』(1938)は、その反軍国的思想のゆえに、掲載誌は発禁処分を受けた。時代は日華事変から太平洋戦争へと移っていくが、戦争に対し作者は一貫して抵抗の姿勢を貫き、一個のアナキストとして身を処した。この戦中の間、作品もまた多くはないが、長編小説『白描(はくびょう)』、伝記『渡辺崋山(かざん)』、評論『森鴎外(おうがい)』、エッセイ集『文学大概』があり、とくに後二者はこの作家の文学世界理解のための好個の手引きを提供してくれる。
 戦時中の不振とうって変わって、その文学的活動は戦後華々しく開花した。この活動は、織田作之助、太宰(だざい)治、坂口安吾らのそれとともに、無頼(ぶらい)派ないし戯作(げさく)派の名称で一括されたが、この分類はかならずしも正しくはない。この作家は、一方ではきわめて該博な学識教養をもつ、本質的に意識的かつ方法的な作者である。虚構の場に生活の可能をペンの運動において追究する作者の小説的努力は、『処女懐胎(かいたい)』(1947)、『鷹(たか)』(1953)、『紫苑(しおん)物語』(1956)、『修羅』(1958)、『荒魂(あらたま)』(1963)、『至福千年』(1965)、『狂風記』(1971)などとなって結実し、一方その批評的活動は夷斎の号を冠した『筆談』『清言』『俚言(りげん)』『饒舌(じょうぜつ)』『遊戯』などの諸エッセイのほか、『諸国畸人伝(きじんでん)』『江戸文学掌記』などの秀作を生んだ。わが国の文学的伝統にあってはきわめて特異な、しかし文学そのものからいえばきわめてオーソドックスな、この作家の存在と作品とは、まさに昭和文学史上の一偉観と称して過言ではない。昭和62年12月29日没。[井沢義雄]
『『石川淳選集』全17巻(1979~1981・岩波書店) ▽『石川淳全集』全19巻(1989~1992・筑摩書房) ▽井沢義雄著『石川淳』(1961・彌生書房) ▽井沢義雄著『石川淳の小説』(1992・岩波書店) ▽野口武彦著『石川淳論』(1969・筑摩書房) ▽佐々木基一著『石川淳』(1972・創樹社) ▽山口俊雄著『石川淳作品研究――「佳人」から「焼跡のイエス」まで』(2005・双文社出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の石川淳の言及

【諸国畸人伝】より

石川淳の評伝集。1955‐57年,《別冊文芸春秋》に連載。…

【鷹】より

石川淳の小説。1953年3月《群像》に発表。…

【フランス文学】より

… 大正末から昭和10年代半ばまで,フランス文学に対する関心はさらに拡大する。思考する人間の意識,ひいては制作する人間の意識の精密な分析を重視した象徴主義の批評精神に着目し,新しい文学批評の道を開いた小林秀雄,河上徹太郎,ジッドなどを通してつかんだ精神の自由な運動という考えを,文学の拠りどころとした石川淳,スタンダールを熟読し,第2次大戦後になってから,社会の圧力のもとでの個人の生き方を明晰に見つめる小説を書いた大岡昇平など,この時期に出発点をもつ作家は少なくない。また,《詩と詩論》など,シュルレアリスムをはじめとする同時代の文学の紹介に熱意を示す雑誌が,つぎつぎに刊行されたのもこの時期である。…

※「石川淳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石川淳の関連キーワードウイリアム・ジェファーソン タイラー都々逸坊 扇歌(7代目)モダニズム(芸術思潮)都々逸坊扇歌(初代)エイプリルフールズ作品(文芸雑誌)リーガル・ハイ井沢 義雄牧野 信一金井美恵子萩原 延寿木下長嘯子佐藤 亜土古田 晁日向臭い坂口安吾昭和時代石川 淳野口武彦武満徹

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石川淳の関連情報