現代文(読み)ゲンダイブン

大辞林 第三版の解説

げんだいぶん【現代文】

現代語で書かれた文。現代の話し言葉に基づき、できるだけそれに近い文体で書かれた文。口語文。
明治以後に書かれた文章。口語文も文語文も含む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

げんだい‐ぶん【現代文】

〘名〙 現代に書かれた文章。明治以後に書かれた文章。また、特に現代語で書かれた文章。
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉読書放浪「現代文でも古体文でも無い俗談平話的近体文が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

現代文の関連情報