コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

球冠 きゅうかん

百科事典マイペディアの解説

球冠【きゅうかん】

球面をそれと交わる平面で切りとった部分。球冠と切り口の平面(底面)で囲まれた立体部分を球欠という。→球面幾何学球面三角法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の球冠の言及

【球】より

…その各部分を半球面または半球という。球が平面と交わるとき,この平面の一方の側にある球面の部分は球冠と呼ばれ,球冠とこの平面で囲まれた立体は球欠と呼ばれることがある。球面が二つの平行な平面に交わるとき,これら2平面にはさまれた球面の部分を球帯といい,球帯とこれらの2平面で囲まれた立体を球台という。…

※「球冠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android