コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

球団合併 きゅうだんがっぺい

知恵蔵の解説

球団合併

日本プロ野球の野球協約では、「この組織に参加する球団が他の球団と合併するときは、あらかじめプロ野球実行委員会およびオーナー会議の承認を得なければならない」として合併を認めている。1950年の2リーグ制スタート前後に何度も吸収合併を繰り返した歴史があるため。2004年6月、パ・リーグの近鉄オリックスの2球団が合併を発表、9月8日の臨時オーナー会議で正式に承認された。新球団はオリックス・バファローズ。近鉄の年間赤字は40億円とされ、買い手がつかなかったための最後の手段と説明された。合併には、身売りで発生する球団加盟料(入会金5億円と預かり保証金25億円)の免除、フランチャイズの安定確保、経営陣との信頼関係などのメリットがある。

(武田薫 スポーツライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

球団合併の関連キーワード東北楽天ゴールデンイーグルスオリックスバファローズ大阪近鉄バファローズ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android