コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

理当心地神道 りとうしんちしんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

理当心地神道
りとうしんちしんとう

江戸時代初期,林羅山の唱道した神道説。王道神道ともいう。理当心地とは理は心地にあたるとの意。中世以来の神仏習合神道が江戸時代に入ってまったく排斥され,儒教神道ともいうべきものが発生したが,その口火を切ったもの。神道と儒道 (教) の別について,理は一つ,名のみ異なるとし,また三種の神器を智,仁,勇に配し,儒教の教理をそのまま神道の名において説いた。北畠親房以来の神道説から仏教を除いたものということができる。なお,唯一神道の秘伝的傾向を非難した羅山自身が,のちに理当心地神道を秘伝としたが,林家の子孫は神道を重視しなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone