神器(読み)じんぎ

精選版 日本国語大辞典「神器」の解説

じん‐ぎ【神器】

〘名〙 (古くは「しんぎ」「しんき」とも)
① 神から受け伝えた宝器。神聖な貴いもの。
※本朝文粋(1060頃)三・弁散楽〈秦氏安〉「方円不定、智水欲随神器之中
※正法眼蔵(1231‐53)伝衣「国宝神器のいまにつたはれるも」 〔老子‐二四〕
② 特に、皇位のしるしとして歴代の天皇が受け継ぐ三つの宝物。八咫鏡(やたのかがみ)・草薙剣(くさなぎのつるぎ)・八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま)の三つをいう。三種の神器。
※続日本紀‐霊亀元年(715)九月庚辰「因以此神器、欲皇太子
③ 天子の位。帝位。〔王命論〕

しん‐き【神器】

〘名〙
① 神をまつるのに用いる器具
※神教組織物語(1885)〈常世長胤〉中「四柱大神と神器は、神道教職に属したるを以て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「神器」の解説

【神器】しんき

神聖なもの。帝位のとする宝物。〔老子、二十九〕天下なり。爲すべからざるなり。爲すは之れを(やぶ)り、執るは之れを失ふ。

字通「神」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android