神器(読み)ジンギ

  • しんき

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 神をまつるのに用いる器具。
※神教組織物語(1885)〈常世長胤〉中「四柱大神と神器は、神道教職に属したるを以て」
〘名〙 (古くは「しんぎ」「しんき」とも)
① 神から受け伝えた宝器。神聖な貴いもの。
※本朝文粋(1060頃)三・弁散楽〈秦氏安〉「方円不定、智水欲随神器之中
※正法眼蔵(1231‐53)伝衣「国宝神器のいまにつたはれるも」 〔老子‐二四〕
② 特に、皇位のしるしとして歴代の天皇が受け継ぐ三つの宝物。八咫鏡(やたのかがみ)・草薙剣(くさなぎのつるぎ)・八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま)の三つをいう。三種の神器。
※続日本紀‐霊亀元年(715)九月庚辰「因以此神器、欲皇太子
③ 天子の位。帝位。〔王命論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神器の関連情報