理過ぐ(読み)コトワリスグ

デジタル大辞泉の解説

理(ことわり)過・ぐ

あたりまえの道理や程度を越える。常識を越える。
「なべて世の憂きはならひと思ひこし―・ぎて身を嘆くかな」〈新拾遺・雑中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ことわり【理】 過(す)

(「ことわりすぎて」の形で用いることが多い) ふつうの道理を越える。あたりまえの程度以上になる。極端である。
※夜の寝覚(1045‐68頃)五「大皇宮のことはりすきたる勘当こそ、あまりに侍れ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android