琉球新報(読み)りゅうきゅうしんぽう

百科事典マイペディア「琉球新報」の解説

琉球新報【りゅうきゅうしんぽう】

沖縄県の日刊新聞。日清戦争開戦前夜の1893年,開戦論を唱える尚順らにより創刊。初め隔日刊。1906年から日刊。1940年,戦時新聞統合政策のため《沖縄朝日》《沖縄日報》と統合,《沖縄新報》となった。第2次大戦後《うるま新報》を経て,1951年《琉球新報》に復元改題。米国の占領下で言論統制を受けた。本社那覇市。発行部数朝夕刊セット約19万部(1998)。
→関連項目沖縄タイムス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラス「琉球新報」の解説

琉球新報

株式会社琉球新報社が販売する新聞。主な販売地域は沖縄県。朝刊のみ発行。1893年創刊。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android