コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琉球本 りゅうきゅうぼん

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうきゅうぼん【琉球本】

琉球(今の沖縄県)で刊行された本のことであるが,江戸時代後期に開版された整版本をさすのが普通である。《球陽》によれば琉球では1674年にすでに暦が木版印刷され,78年には時憲暦(じけんれき)を印刷して国中に広めたという。しかし現存が知られているのは,1844年刊行の《童子摭談(どうじせきだん)》ほか19世紀中葉以降のもの数点にすぎない。文書にはそのほかにも刊本のあったことが記されているが,中国福州で刊行されたものが含まれているようである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android