コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

球陽 きゅうよう

4件 の用語解説(球陽の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

きゅうよう【球陽】

◇ 琉球の別名。
歴史書。二二巻、付巻三巻、外巻「遺老説伝」三巻。鄭秉哲ていへいてつ編。琉球国の正史。1745年完成、のち最後の国王尚泰まで書きつがれる。歴代国王の治世を中心に、あらゆる事件・事象を収録。漢文体。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

球陽【きゅうよう】

琉球の歴史を編年体で記した正史。もとは《球陽会記》と称された。本巻(正巻22・付巻3)と外巻《遺老説伝(いろうせつでん)》からなる。全文漢文で表記。1745年に編集を完了したが,その後も史官により書き継ぎがなされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうよう【球陽】

琉球の歴史を記した史書。本巻(正巻22,付巻4)と外巻(正巻3,付巻1)からなり,外巻は《遺老説伝》の別称をもつ。1745年に編集を完了したが,その後史官の手で書きつぎがなされた。歴代国王の治世を中心にあらゆる事件・事象が収録されており,琉球の史書の中では最も内容が豊富である。全文漢文で表記。〈球陽〉とは琉球の美称で,長崎を〈崎陽(きよう)〉と称するのと同じ用法である。【高良 倉吉】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

球陽
きゅうよう

1743~45年(寛保3~延享2)に編述された琉球(りゅうきゅう)の歴史書。本巻は正巻22、付巻4からなり、外巻は正巻3、付巻1からなる。全文漢文で記されており、琉球王国の正史(せいし)を代表するものである。外巻はとくに「遺老説伝」の名でよばれる。歴代国王の事蹟や国事のみでなく森羅万象に及ぶ記録が含まれており、歴史研究のほか、民俗、民話など多方面の研究資料となっている。編述終了後も記事が書き継がれ、1876年(明治9)に及んでいる。編述作業は首里王府の系図座が担当し、中国留学帰りの史官たちが動員された。球陽とは琉球の美称で、長崎を崎陽(きよう)と称するのと同じ用法である。[高良倉吉]
『球陽研究会編『球陽』原文編・読み下し編(1974・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

球陽の関連キーワード魏書魏志史書史籍周書青史竹帛日本紀国つ書中山世譜

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

球陽の関連情報