コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琴学大意抄 きんがくたいいしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

琴学大意抄
きんがくたいいしょう

荻生徂徠著の七弦琴の入門書。1冊。成立年未詳。楽器の構造,調弦法,指法,記譜法などを記すが,調弦法には,正宮調,緊羽調など当時行われたものと異なる名称がみられ,著者独自の解釈によると思われる面がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android