コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑞金ソビエト ずいきんソビエト

1件 の用語解説(瑞金ソビエトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瑞金ソビエト
ずいきんソビエト

中国共産党が,1931年 11月1日江西省南部,福建省境に近い瑞金で,第1回中華ソビエト全国代表大会を開き,臨時憲法などを決議し,樹立した中華ソビエト共和国臨時中央政府。 34年 10月,長征に出発するまでの間,瑞金は「紅都」として革命の根拠地となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

瑞金ソビエトの関連キーワードドイツ映画ダイハツ三輪車第1号車(HA型)谷川岳井上財政満州事変南国太平記艾蕪パプストプラクネット球枕状構造

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone