コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑠璃御前 るりごぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瑠璃御前 るりごぜん

?-? 鎌倉時代の女性。
越後(えちご)(新潟県)の地頭領主和田茂連の娘。永仁(えいにん)2年(1294)ごろ,父から所領の一部駒籠之酒町(こまごめのさかまち)(中条町)をゆずられたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

瑠璃御前

生年:生没年不詳
鎌倉後期の女性。越後国(新潟県)の地頭領主和田茂連の娘。永仁2(1294)年,父から奥山荘(中条町,黒川村ほか)内の田2万束苅,在家3宇,駒籠之酒町(中条町)を譲られる。はじめは一期分であったが,のちこの譲状は抹消され,改めて父から永代譲与の譲状を得ている。女子分所領が一期分から永代分に書き改められた珍しい例で,ここには女子分所領を他子から守ってやろうとする親の意志が現れている。ただし,この2通の譲状は,相論に際して作られた謀書ないしその写しであるとする見解もある。<参考文献>『奥山庄史料集』

(田端泰子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

瑠璃御前の関連キーワード六字南無右衛門十二段草子浄瑠璃物語源氏十二段小野お通浄瑠璃姫古浄瑠璃鎌倉時代浄瑠璃

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android