甘井先ず竭く(読み)カンセイマズツク

大辞林 第三版の解説

かんせいまずつく【甘井先ず竭く】

〔荘子 山木「直木先伐、甘井先竭」〕
甘井は汲む人が多いので先にかれることから、才能のすぐれた人は早く使い切って衰えてしまうことのたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんせい【甘井】 先(ま)ず竭(つ)

(「荘子‐山木」の「直木先伐、甘井先竭」による。良質の水がわき出る井戸は、利用者が多くてすぐに水がかれるの意から) 才能のある者は、早くその才能を使いはたして衰退することのたとえ。〔蘇軾‐次韻王定国南遷回見寄詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android