佳人薄命(読み)かじんはくめい

ことわざを知る辞典「佳人薄命」の解説

佳人薄命

美人は、とかく不幸せだったり早死にしたりしがちである。

[使用例] このような田園平和のうちに佳人薄命は育まれるであろうか[武田泰淳*才子佳人|1946]

[解説] 蘇軾の詩「薄命佳人」に「いにしえより佳人多く命薄く、門を閉じ春尽き楊花落つ」とあります。しかし、確認できる四字熟語としての用例は、明治前期を遡らないから、この詩を直接の出典とするのは疑問が残ります。なお、男性に対しては「才子多病」があります。

[類句] 美人薄命

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「佳人薄命」の解説

かじん‐はくめい【佳人薄命】

蘇軾「薄命佳人詩」から》美人は、病弱で早死にしたり、運命にもてあそばれて、不幸になったりすることが多いということ。美人薄命。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

四字熟語を知る辞典「佳人薄命」の解説

佳人薄命

美人はふしあわせな場合が多いということ。また、病弱だったりして早死にすることが多いにもいう。

[使用例] あるいはまた、佳人薄命、懐玉有罪、など言って、私をして、いたく赤面させ、狼狽させて私に大酒のませるいたずらものまで出て来た[太宰治*懶惰の歌留多|1939]

[使用例] このような田園平和のうちに佳人薄命は育まれるであろうか[武田泰淳*才子佳人|1946]

[類語] 美人薄命

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「佳人薄命」の解説

かじん【佳人】 薄命(はくめい)

(蘇軾の「薄命佳人詩」にある「自古佳人多命薄、閉門春尽楊花落」から) 美人はふしあわせな場合が多いということ。また、病弱だったりして早死にすることが多い意にもいう。美人薄命。
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉六「お仙姉妹は三人共非業の死を遂げたので佳人薄命(カジンハクメイ)の惨烈な運命が何時までも世間の同情を惹いた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android