コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘呂俊長 かんろ としなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

甘呂俊長 かんろ-としなが

?-? 鎌倉-南北朝時代の刀工。
近江(おうみ)(滋賀県)の人。相模(さがみ)系の高木貞宗の門人といわれる。「江州甘呂俊長」と銘をきった短刀と太刀が現存作品として知られる。作風は相模系より大和系の特色をもつ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

甘呂俊長の関連キーワード南北朝時代刀工

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android