生を享ける(読み)セイヲウケル

大辞林 第三版の解説

せいをうける【生を享ける】

生まれる。誕生する。 「この世に-・ける」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい【生】 を 享(う)ける

いのちを天から授かる。まれる。
※語孟字義(1705)上「智愚賢不肖、貧富夭寿、皆一定於受生之初而学問修為、皆無於己
※野分(1907)〈夏目漱石〉四「儼たる天命に制せられて、無条件に生(セイ)を享(ウ)けたる罪業を償はんが為めに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android