生酔(読み)なまよい

精選版 日本国語大辞典「生酔」の解説

なま‐よい ‥よひ【生酔】

〘名〙 (「なまえい(生酔)」の変化した語)
① 相当に酔っていること。ぐでんぐでんに酔っていること。また、その人。酔っぱらい。
※洒落本・色講釈(1801)「客すいきゃう、大なまよいとなりて」
② 少し酒に酔うこと。中途はんぱな酔い心地。また、その人。
※玉塵抄(1563)三八「初めなまよいな時は礼儀よいぞ」

なま‐えい ‥ゑひ【生酔】

咄本醒睡笑(1628)七「なまゑひなる者聞きつけ、を潰し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android