コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用ふ モチウ

デジタル大辞泉の解説

もち・う〔もちふ〕【用ふ】

[動ハ上二]《ワ行上一段動詞「もちゐる」の転じたもの》「用いる」に同じ。
「意見ヲ―・ウル」〈和英語林集成

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もちう【用ふ】

( 動上二 )
〔ワ行上一段活用の動詞「用ゐる」の転。中世以降の語〕
用いる 」に同じ。 「 蜞針の法を-・ふべし/史記抄 13

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

用ふの関連キーワード魏志倭人伝(読み下し)標準ふるい(標準篩)ふんどし女子雅俗折衷体軽賤・軽賎クッション三島食品夏炉冬扇しょうゆすっぺりかちぐり平談俗話ふいご小さ童清華家史記抄検疫水車フキ脚絆

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

用ふの関連情報