コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用いる モチイル

デジタル大辞泉の解説

もち・いる〔もちゐる〕【用いる】

[動ア上一][文][ワ上一]《「持ち率(い)る」の意》
用にあてて使う。使用する。「調味料に―・いる」「新しい方法を―・いる」
よいとして取り上げる。採用する。「人の意見を―・いない」
見込んで職に就かせる。任用する。「人材を選んで―・いる」
心を十分働かせる。心を労する。「供応に意を―・いる」
(多く否定の形をとる)必要とする。
「その産地を問うことを―・いず」〈鴎外訳・即興詩人
[補説]ワ行上一段の「用ゐる」が、「用ふ」とハ行上二段に活用するようになり、さらに「用ゆ」とヤ行上二段にも活用するなど、平安時代以降のいろいろの音韻変化の影響で複雑な活用をとげた。→用う用ゆ
[用法]もちいる・つかう――「コンピューターを用いて(使って)収支計算をする」のように、ある用に役立てるでは相通じて用いられる。◇「用いる」は文章語的で「部下の提案を用いる(=採用する)」「有能と見て重く用いる(=登用する)」などの用法があるように、特にそれを取り上げて使用する意が強い。◇「使う」の方が口頭語的で、意味の範囲も広い。「頭を使う」「神経を使う」の形には普通は「用いる」を使わない。また、「意を用いる」「心を用いる」の形には「使う」を使用しない。◇人について、「新人を使う(用いる)」のように起用するの意では両語とも使えるが、「店員を三人使っている」「人に使われる身」のように働かせるの意では「用いる」を使うことはない。◇類似の語に「使用」がある。「使用する」「使う」は相通じて用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もちいる【用いる】

( 動上一 ) [文] ワ上一 
〔「持ち率る」の意〕
あることをするための道具・手段・材料として使う。 「運搬に車を-・いる」 「ローマ字を-・いて日本語を書き表す」 「ボディーにプラスチックを-・いたカメラ」
人の能力を評価してある職・地位につかせる。登用する。 「重く-・いる」 「女はただ心ばせよりこそ世に-・ゐらるるものに侍りけれ/源氏 乙女
(「意を用いる」などの形で)心を働かせる。 「材質には十分意を-・いております」 「心を-・ゐる事少しきにして/徒然 211
必要とする。多く否定の形をとる。 「疑ふことを-・ゐない/伊沢蘭軒 鷗外
他人の意見をとり上げる。尊重する。 「俊寛僧都は天性不信第一の人にて、是を-・ゐず/平家 2」 〔古くはワ行上一段活用であったが、中古中期以降、ワ行とハ行との混同が生じ、「もちひる」とも表記されるようにもなり、ハ行上二段活用も生ずるようになった。また、中世にはヤ行上二段活用も生ずるに至った〕 → もちう(用ふ)もちゆ(用ゆ)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

用いるの関連キーワードマルチモーダルインターフェイスフルーツフォークカービングナイフモデリングランプペリスコープ河海両堆積性スピンドル油間仕切り家具セパージュ遺伝子記号液冷式機関牝瓦・女瓦クロム染料リバノール隅付き括弧電気焜炉薬用植物散らし薬水絵の具歯切り盤

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

用いるの関連情報