コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用いる モチイル

2件 の用語解説(用いるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もち・いる〔もちゐる〕【用いる】

[動ア上一][文][ワ上一]《「持ち率(い)る」の意》
用にあてて使う。使用する。「調味料に―・いる」「新しい方法を―・いる」
よいとして取り上げる。採用する。「人の意見を―・いない」
見込んで職に就かせる。任用する。「人材を選んで―・いる」
心を十分働かせる。心を労する。「供応に意を―・いる」
(多く否定の形をとる)必要とする。
「その産地を問うことを―・いず」〈鴎外訳・即興詩人
[補説]ワ行上一段の「用ゐる」が、「用ふ」とハ行上二段に活用するようになり、さらに「用ゆ」とヤ行上二段にも活用するなど、平安時代以降のいろいろの音韻変化の影響で複雑な活用をとげた。→用う用ゆ
[用法]もちいる・つかう――「コンピューターを用いて(使って)収支計算をする」のように、ある用に役立てる意では相通じて用いられる。◇「用いる」は文章語的で「部下の提案を用いる(=採用する)」「有能と見て重く用いる(=登用する)」などの用法があるように、特にそれを取り上げて使用する意が強い。◇「使う」の方が口頭語的で、意味の範囲も広い。「頭を使う」「神経を使う」の形には普通は「用いる」を使わない。また、「意を用いる」「心を用いる」の形には「使う」を使用しない。◇人について、「新人を使う(用いる)」のように起用するの意では両語とも使えるが、「店員を三人使っている」「人に使われる身」のように働かせるの意では「用いる」を使うことはない。◇類似の語に「使用」がある。「使用する」「使う」は相通じて用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

もちいる【用いる】

( 動上一 ) [文] ワ上一 
〔「持ち率る」の意〕
あることをするための道具・手段・材料として使う。 「運搬に車を-・いる」 「ローマ字を-・いて日本語を書き表す」 「ボディーにプラスチックを-・いたカメラ」
人の能力を評価してある職・地位につかせる。登用する。 「重く-・いる」 「女はただ心ばせよりこそ世に-・ゐらるるものに侍りけれ/源氏 乙女
(「意を用いる」などの形で)心を働かせる。 「材質には十分意を-・いております」 「心を-・ゐる事少しきにして/徒然 211
必要とする。多く否定の形をとる。 「疑ふことを-・ゐない/伊沢蘭軒 鷗外
他人の意見をとり上げる。尊重する。 「俊寛僧都は天性不信第一の人にて、是を-・ゐず/平家 2」 〔古くはワ行上一段活用であったが、中古中期以降、ワ行とハ行との混同が生じ、「もちひる」とも表記されるようにもなり、ハ行上二段活用も生ずるようになった。また、中世にはヤ行上二段活用も生ずるに至った〕 → もちう(用ふ)もちゆ(用ゆ)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

用いるの関連キーワード鋳る落ち居る恋いる誣いる癈いる率いる盲いるつい居る並居る寄り居る

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

用いるの関連情報