用心籠(読み)ようじんかご

精選版 日本国語大辞典「用心籠」の解説

ようじん‐かご【用心籠】

〘名〙 火災など、いざという時に家財などを入れて運ぶのに用いる大きな籠。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉中「長持は邪魔もの、用に立つは用心籠(ヨウジンカゴ)なれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報