コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長持(ち) ナガモチ

6件 の用語解説(長持(ち)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なが‐もち【長持(ち)】

[名](スル)
長くよい状態などを保つこと。「長持ちする花」
衣服・調度品などを入れる、蓋(ふた)つきの長方形の大きな箱。多く木製。運ぶときは両端の金具に棹(さお)を通して二人でかつぐ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

長持【ながもち】

収納家具の一つ。衣装・調度を入れる蓋形式の長方形の箱。足のついた長櫃(ながびつ)(唐櫃(からびつ)の一つ)が変化したもの。多くは長持棹(ざお)をにない金具に通して運んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

長持

古典落語の演目のひとつ。上方ばなし。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ながもち【長持】

衣類や道具などを入れる大型長方形の(ひつ)。蓋がつき,両短側面には棹通しの金具をつけて棹を通し,前後2人で担ぐ,収納具であると同時に運搬具である。漆塗の塗長持と素木の木地(きじ)長持とがある。また普通の長持よりも大型で,車をつけた車長持もある。長持は古代の中持(なかもち)が変化したものと考えられる。中持は脚つきの唐櫃に対し,脚のつかない櫃だが,運搬のために前後に2本ずつの棒か把手などがついていたと推定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ながもち【長持】

和家具の一種。衣類・調度などを入れておく蓋(ふた)付きの長方形の箱。運ぶときには棹(さお)でかつぐ。

出典|講談社
家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長持
ながもち

家具の一種。衣類、夜具、調度などを収納する蓋(ふた)付きの長方形の箱。担金具(にないかなぐ)に棹(さお)を通して2人で担いで運ぶ。近年まで嫁入り道具の一つに数えられていた。長持には、多く木地のままの桐(きり)材を用いたが、ため塗り、朱漆塗りのものもあり、普通、長さ五尺(約151.5センチメートル)、幅・高さ各二尺(約60.6センチメートル)、蓋は印籠(いんろう)蓋で、錠前(じょうまえ)・担金具を付し、箱・蓋の四隅に金具をつけた。古くは、唐(から)風の脚(あし)のある長唐櫃(ながからびつ)(長櫃)をさしたが、室町時代にはこれが廃れ、脚のない和風のものが使われ、これをもっぱら長持とよぶようになった。江戸時代に入って、車をつけた大型の車長持がつくられたが、持ち運びにはかえって不便で、火事のとき道路をふさぐため、江戸、京、大坂の三都では、1683年(天和3)以後、使用を禁止された。ほかに長さを短く詰めた半長持もあった。なお、長持唄(うた)は、神事・婚礼などに、これを担いで運んだ人夫が歌った唄で、今日にも伝えられている。[宮本瑞夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の長持(ち)の言及

【ひつ(櫃)】より

…これが広蓋(ひろぶた)のもとである。近世になると唐櫃はほとんど使われなくなり,長持に変わった。長持も和櫃の一種であるが,近世以降は櫃というと葛籠(つづら)や行李(こうり)くらいの大きさの木製の物入れを指すようになった。…

※「長持(ち)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone