コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長持(ち) ナガモチ

デジタル大辞泉の解説

なが‐もち【長持(ち)】

[名](スル)
長くよい状態などを保つこと。「長持ちする花」
衣服調度品などを入れる、蓋(ふた)つきの長方形の大きな箱。多く木製。運ぶときは両端金具に棹(さお)を通して二人でかつぐ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

長持【ながもち】

収納家具の一つ。衣装・調度を入れる蓋形式の長方形の箱。足のついた長櫃(ながびつ)(唐櫃(からびつ)の一つ)が変化したもの。多くは長持棹(ざお)をにない金具に通して運んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

長持

古典落語の演目のひとつ。上方ばなし。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ながもち【長持】

衣類や道具などを入れる大型長方形の(ひつ)。蓋がつき,両短側面には棹通しの金具をつけて棹を通し,前後2人で担ぐ,収納具であると同時に運搬具である。漆塗の塗長持と素木の木地(きじ)長持とがある。また普通の長持よりも大型で,車をつけた車長持もある。長持は古代の中持(なかもち)が変化したものと考えられる。中持は脚つきの唐櫃に対し,脚のつかない櫃だが,運搬のために前後に2本ずつの棒か把手などがついていたと推定される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ながもち【長持】

和家具の一種衣類・調度などを入れておく蓋(ふた)付きの長方形の箱。運ぶときには棹(さお)でかつぐ。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長持
ながもち

家具の一種。衣類、夜具、調度などを収納する蓋(ふた)付きの長方形の箱。担金具(にないかなぐ)に棹(さお)を通して2人で担いで運ぶ。近年まで嫁入り道具の一つに数えられていた。長持には、多く木地のままの桐(きり)材を用いたが、ため塗り、朱漆塗りのものもあり、普通、長さ五尺(約151.5センチメートル)、幅・高さ各二尺(約60.6センチメートル)、蓋は印籠(いんろう)蓋で、錠前(じょうまえ)・担金具を付し、箱・蓋の四隅に金具をつけた。古くは、唐(から)風の脚(あし)のある長唐櫃(ながからびつ)(長櫃)をさしたが、室町時代にはこれが廃れ、脚のない和風のものが使われ、これをもっぱら長持とよぶようになった。江戸時代に入って、車をつけた大型の車長持がつくられたが、持ち運びにはかえって不便で、火事のとき道路をふさぐため、江戸、京、大坂の三都では、1683年(天和3)以後、使用を禁止された。ほかに長さを短く詰めた半長持もあった。なお、長持唄(うた)は、神事・婚礼などに、これを担いで運んだ人夫が歌った唄で、今日にも伝えられている。[宮本瑞夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の長持(ち)の言及

【ひつ(櫃)】より

…これが広蓋(ひろぶた)のもとである。近世になると唐櫃はほとんど使われなくなり,長持に変わった。長持も和櫃の一種であるが,近世以降は櫃というと葛籠(つづら)や行李(こうり)くらいの大きさの木製の物入れを指すようになった。…

※「長持(ち)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長持(ち)の関連キーワード籠長持・篭長持タイムナガモチ刳抜き式石棺津堂城山古墳百舌鳥古墳群長持形石棺秋田長持唄長竿・長棹月の岡古墳一陽亭長持カッソーネ御物奉行鵜殿長照収納家具しまむら義芳光訓造山古墳伊藤単朴衣装長持仕舞ひ店

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android