コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家財 カザイ

デジタル大辞泉の解説

か‐ざい【家財】

一家の財産。
家にある家具調度衣類などの道具類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かざい【家財】

史料上の用語に照らしてみると,家という語を,住居としての家に蓄えられた財産意味に理解する場合と,日本の家族制度である“家”に伝えられる家産の意味に理解する場合とに区別しておく必要がある。前者の意味で理解する場合には,すでに平安時代のころから,史料上にその存在を発見することが困難ではない。たとえば,野盗の類がある家に侵入して,その家に蓄えられた財産を奪い取った,とある場合などがこの例にあたる。したがって,この場合の家財の内容は,あくまで動産でなければならない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かざい【家財】

家の財産。
家にある道具類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家財の関連キーワード用心駕籠・用心駕篭地震火災費用保険金一切合切・一切合財売り食い・売食い価額協定保険特約積立動産総合保険筍生活・笋生活竈の下の灰までトランクルーム普通火災保険荷持ち・荷持住宅総合保険住宅火災保険費用保険金被災証明書嫁入り道具保険の目的損害保険金蔵・倉・庫地震保険

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家財の関連情報