田中美代子(読み)たなか みよこ

  • 田中美代子 たなか-みよこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1936- 昭和後期-平成時代の評論家。
昭和11年10月18日生まれ。40年「三島由紀夫小論」を発表し,注目される。女性論,女流文学論などにも評論の幅をひろげ,「ロマン主義者は悪党か」「若き女たちの主題」「さみしい霊魂」「天使幾何学」「女こそは花の花」などを刊行。埼玉県出身。早大卒。本名は木暮美代子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android