コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田原結節 たわらけっせつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田原結節
たわらけっせつ

心臓の自律性の収縮運動をつかさどる刺激伝導系を構成する要素の一つで、結合組織に埋まった特殊な筋線維群である。解剖学名では房室結節という。田原結節はアショフ‐田原結節ともよばれるが、名の由来は、病理学者の田原淳(すなお)がドイツの病理学者のアショフLudwig Aschoffの研究室で1905年に発見したことによる。この結節は、右房の冠状静脈洞の開口部上方で、心房近くに存在する長さ約5ミリメートルほどの細い線維の塊である。洞房結節(キース‐フラック結節)から出た収縮興奮は心房筋を収縮させ、その興奮は田原結節に達する。田原結節の線維は、房室束(ぼうしつそく)(ヒス束)と、その先端のプルキンエ線維に連絡し、この線維は心臓内壁にある乳頭筋に著しく分布する。なお、刺激伝導系とは、洞房結節、田原結節、房室束、プルキンエ線維によって構成される系をいう。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の田原結節の言及

【刺激伝導系】より

…この興奮伝導路が刺激伝導系と呼ばれるもので,規則正しい心律動を支配している系である。房室結節(1906年田原淳により発見されたので田原結節ともいう)を構成する細胞は,洞房結節のそれと同じく一般心筋細胞より小さく,自発興奮性がある。しかし,その律動が洞房結節細胞より遅いため,心拍動の調律は先行する洞房結節の律動に支配される。…

【田原淳】より

…大正・昭和初期の病理学者。田原結節の発見者。大分県生れ。…

※「田原結節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android