房室結節(読み)ぼうしつけっせつ(英語表記)atrioventricular node

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

房室結節
ぼうしつけっせつ
atrioventricular node

アショフ=田原結節ともいう。洞房結節とともに心臓刺激伝導系の主要部をなす。房室結節は,右心房下内側壁にある未分化な心筋細胞の集合で,房室系の興奮伝導の起始部となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼうしつ‐けっせつ〔バウシツ‐〕【房室結節】

心臓の拍動を起こす刺激伝導系の一。右心房の冠静脈の開口部よりやや右にある特殊な心筋。洞結節からの刺激を受けて、下方のヒス束に伝える。洞結節に障害があると代わって自動的に興奮し、刺激を伝える。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうしつけっせつ【房室結節】

右心房の、心室との境界で三尖弁のつけ根にある心筋細胞の塊。洞房結節から心房へ伝わった興奮を心室全体に伝える最初の部分。自動性もあり、第二のペースメーカーとなり得る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の房室結節の言及

【刺激伝導系】より

…また筋原繊維に乏しいが細胞要素はすべて備えている。この細胞の興奮はまず心房筋に広がり,房室結節(1mm×3mm×5mm),房室束(ヒス束)の左右の脚を経てプルキンエ繊維に伝わり,心内膜から左右の心室筋へ伝えられる。この興奮伝導路が刺激伝導系と呼ばれるもので,規則正しい心律動を支配している系である。…

※「房室結節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android