コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田原淳 たわらすなお

6件 の用語解説(田原淳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田原淳
たわらすなお

[生]1873.7.7. 大分
[没]1952.1.19.
病理学者ドイツに留学してマールブルク大学病理学員外教授時代の K.アショフに師事し,心臓の刺激伝導系に大切な役目をもつ田原結節を発見,1906年アショフと共著でその研究結果を『哺乳動物の心臓における刺激伝導系統』と題して発表し,承認された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

田原淳【たわらすなお】

医学者。大分県の生れ。1901年東大卒。1903年ドイツに留学し,L.アショッフに師事。1906年田原結節(心臓刺激伝導系)を発見,同年帰国。福島医大,九大等の病理学教授を歴任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田原淳 たわら-すなお

1873-1952 明治-昭和時代の病理学者。
明治6年7月5日生まれ。ドイツに留学,マールブルク大のアショフ教授に師事。明治39年哺乳動物心臓の特殊な筋繊維(田原結節)を発見,心臓の刺激伝導系の存在をあきらかにした。41年京都帝大福岡医科大学(現九大)教授。大正3年学士院恩賜賞。昭和27年1月19日死去。78歳。大分県出身。東京帝大卒。旧姓は中島。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たわらすなお【田原淳】

1873‐1952(明治6‐昭和27)
大正・昭和初期の病理学者。田原結節の発見者。大分県生れ。本姓中島。東京大学卒業後,1903年,私費でドイツへ留学し,マールブルク大学病理学教室でL.アショフに師事した。哺乳類の心臓筋肉について研究し,06年,特殊な筋繊維の,心臓刺激伝導系に属する房室結節を発見した。これは彼の名をとって田原結節,また師アショフの名をとってアショフ=田原結節と名づけられた。彼はこの功により,14年,学士院恩賜賞を与えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たわらすなお【田原淳】

1873~1952) 医学者。大分県生まれ。東大卒。福岡医科大学(現、九大医学部)教授。心臓刺激の伝導系に属する房室結節、いわゆる田原結節を発見。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田原淳
たわらすなお
(1873―1952)

病理学者。大分県生まれ。本姓は中島氏。1901年(明治34)東京帝国大学医学部を卒業、その後1903年に私費でドイツに留学し、マールブルク大学のアショフに師事した。ここで哺乳(ほにゅう)動物の心臓筋肉に関して研究を行い、特殊な筋繊維(田原結節またはアショフ‐田原結節)を発見、1906年にこれを心臓刺激伝導筋系統と名づけて発表した。同年帰国し、福岡医科大学(現、九州大学医学部)の助教授となり、1908年教授。1934年(昭和9)定年退官したが、この間に医学部部長、大学附属温泉医療研究所所長を歴任した。1914年(大正3)「哺乳動物の心臓に於(お)ける刺激伝導筋系統の研究」により帝国学士院恩賜賞を受賞。[大鳥蘭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の田原淳の言及

【アショフ】より

…主著は《病理解剖学Pathologische Anatomie》(1909)。田原淳(たわらすなお)が心臓の刺激伝導系の主要な一部である房室結節を彼のもとで発見してアショフ=田原結節と記載したのをはじめ,清野謙次,長与又郎,今裕,緒方知三郎ら日本人の門下生も多い。1924年来日。…

※「田原淳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田原淳の関連キーワード田原結節石橋松蔵片瀬淡川村麟也木村男也グレフ今裕田部浩福士政一アショフ=田原結節

田原淳の関連情報