コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冠状静脈洞 かんじょうじょうみゃくどう coronary sinus

1件 の用語解説(冠状静脈洞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冠状静脈洞
かんじょうじょうみゃくどう
coronary sinus

心臓の後壁面の冠状溝の中にあり,心筋からの静脈血を集める静脈の主幹。大心静脈,中心静脈,小心静脈などの血液を集め,下大静脈の左下で右心房に注ぐ。大心静脈との間には通常,静脈弁がみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の冠状静脈洞の言及

【心臓】より

…これらは心基部の前上から出る大動脈と肺動脈を左右から取り囲む。右心房right atriumには上下の大静脈が開口するほか,心臓壁の静脈を集めた冠状静脈洞も開口する。右心房は三尖弁輪(弁輪とは各弁の基部にある結合組織性の輪状の構造をいう)で右心室に連なる。…

※「冠状静脈洞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

冠状静脈洞の関連キーワード心筋心筋梗塞心臓移植心臓病心臓超音波検査冠状動脈血栓症心臓のスターリング法則心臓の法則子どもの心筋疾患冠状溝

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone