コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刺激伝導系 しげきでんどうけい impulse conducting system

7件 の用語解説(刺激伝導系の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

刺激伝導系
しげきでんどうけい
impulse conducting system

興奮伝導系ともいう。洞結節に生じた興奮は心房から心室に伝えられて,心筋の電気的興奮が起るが,この心房と心室の興奮伝導の役目を果している特殊な筋線維束を刺激伝導系という。すなわち,洞房結節房室結節,房室束 (ヒス束) ,プルキニエ線維の総称である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しげき‐でんどうけい〔‐デンダウケイ〕【刺激伝導系】

心臓の収縮運動をつかさどる、特殊な心筋群からなる連絡路。右心房にある洞結節(どうけっせつ)で発生した刺激が心房・心室間の壁を通って心室に伝えられ、順序よく収縮して血液が送り出される。興奮伝導系。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

刺激伝導系【しげきでんどうけい】

心臓刺激伝導系

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

刺激伝導系

 刺激を伝達する体系.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しげきでんどうけい【刺激伝導系 conduction system】

心臓の拍動の引金となる刺激を生成し,その刺激を伝導する,心臓内壁にある特殊な筋繊維系。心臓は他の臓器と異なり,みずからの律動性によって絶え間なく,しかも順序よく(心房から心室へ)収縮と弛緩を繰り返し,血液循環を行っている。この律動の規則性は,右心房内大静脈開口部に存在するわずか1.5mm×0.5mmの心筋細胞の塊(洞房結節または洞結節という)の反復興奮のリズムにより調律されている。このように洞房結節は心臓の収縮,弛緩のリズム全体を決定しているので,歩調とりまたはペースメーカーpacemakerといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しげきでんどうけい【刺激伝導系】

心臓の内壁に存在し、心臓の機械的な収縮を引き起こすための電気的な刺激を発生、伝導する特殊な心筋細胞の系。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

刺激伝導系
しげきでんどうけい

心臓の収縮運動をつかさどる特殊な心筋細胞(心筋線維)系をいう。この伝導系の心筋細胞群は、収縮という機能に関しては普通の心筋細胞と同じであるが、刺激伝達だけに働くというのが特徴である。刺激伝導系は四つの構造、すなわち洞房結節、房室結節、房室束、プルキンエ線維から構成されている。洞房結節はキースフラック結節(生理学者A. KeithとM. Flackの名にちなむ)、あるいはペースメーカーともよばれ、長さ2.5センチメートル、幅0.2センチメートルの小組織塊である。この結節は右心房の壁の上大静脈の開口近くに存在し、多数の心筋細胞が集まって網状構造をつくっている。これらの細胞は本来、固有の収縮リズムをもっているため、脳や脊髄(せきずい)からの神経伝達による刺激は必要としない。つまり、結節の筋細胞自身で規則的な収縮刺激を生じ、その興奮刺激は両側の心房の筋層の至る所に伝わるわけである。この結節の興奮が心臓拍動の始まりとなるために、ペースメーカー、あるいは「歩調とり」とよばれるわけである。洞房結節によって心房筋が収縮すると、その刺激は房室結節へ進む。房室結節は田原結節〔田原淳(1873―1955)九州大学生理学教授の名にちなむ〕ともよばれ、やはり特殊な心筋細胞の小塊である。房室結節は洞房結節よりも太く、右心房の後壁で冠状静脈洞の開口のすぐ上に存在する。房室結節の興奮刺激は房室束を通って急速に心室に進む。この房室束はヒス束(内科学者W. Hisの名にちなむ)ともよばれ、房室結節からおこり、心室中隔の膜性部の後下縁に沿って約1~2センチメートル走り、心室中隔筋性部の上端で右脚と左脚とに分かれる。右脚と左脚とはそれぞれ中隔の中で右室と左室の内面の心内膜直下を心尖(しんせん)に向かって下降する。両脚は乳頭筋の底部に到達し、それぞれ右室と左室の筋層や乳頭筋に分布する。房室束の分枝をプルキンエ線維(生理学者J. E. Purkinjeにちなむ)とよんでいる。心房筋層と心室筋層とは線維輪を境にして完全に連絡を絶たれているが、この伝導系だけが心房筋と心室筋との間を連ねている。この特殊細胞は一般の心筋細胞よりも太く、筋細胞形質にも富み、筋細線維が少ないのが特徴である。刺激伝導系ではどの部分からでも興奮がおこりうるが、洞房結節の興奮頻度がもっとも大きいため、一般には前述したように洞房結節をペースメーカーとして心臓機能が発揮されている。なお、房室束が遮断されると、心房と心室の収縮秩序が乱されて、それぞれがばらばらに収縮する状態となる。この状態を房室ブロックという。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

刺激伝導系の関連キーワード徐脈房室結節除細動心拍心拍数心臓のスターリング法則脈拍∥脈搏心拍 (cardiac beat)洞性不整脈 (sinus arrhythmia)洞房ブロック (sino-auricular block)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone