コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田口信教 たぐち のぶたか

1件 の用語解説(田口信教の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田口信教 たぐち-のぶたか

1951- 昭和後期-平成時代の水泳選手,指導者。
昭和26年6月18日生まれ。昭和42年尾道高1年のとき100m平泳ぎで日本新記録をマーク。43年メキシコ五輪に出場したが,泳法違反で失格。「田口キック」とよばれるピッチ泳法をみがき,47年ミュンヘン五輪の同種目で1分4秒94の世界新記録で金メダル。51年モントリオール五輪出場後,引退。平成5年鹿屋(かのや)体育大教授。愛媛県出身。広島商大(現広島修道大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の田口信教の言及

【水泳】より

…56年のメルボルン大会では潜水泳法を駆使した古川勝,吉村昌弘が金,銀メダルを獲得したが,大会後,潜水泳法は禁止された。その後はアメリカのC.ジャストレムスキーがハイピッチ泳法をあみ出し,G.プロコペンコを中心とした旧ソ連の選手がストロークの大きい豪快な平泳を完成させたが,田口信教がこの両者の泳ぎをうまくとり入れて水中深くけり込む田口式キックをあみ出し,72年のミュンヘン大会では100mに優勝,200mに3位入賞した。〈平泳〉を〈立体泳ぎ〉に転換したこの泳法は泳法違反に問われたこともあったが,現在は欧米選手もみな呼吸点の高いこの立体泳法を採用している。…

※「田口信教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田口信教の関連キーワード古橋広之進北村久寿雄田中聡子長崎宏子橋爪四郎古川勝山中毅山本貴司物延靖記高野綾

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田口信教の関連情報