コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田宮仲宣 たみや ちゅうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田宮仲宣 たみや-ちゅうせん

1753?-1815 江戸時代中期-後期の戯作(げさく)者。
宝暦3年?生まれ。京都の呉服商にそだったが,放蕩(ほうとう)のため放浪生活をおくる。天明5年大坂にきて,洒落(しゃれ)本「粋宇瑠璃(くろうるり)」「郭中掃除」など多数の作品をかいて生計をたてた。大田南畝(なんぽ),曲亭馬琴親交をむすんだ。文化12年10月15日死去。63歳?通称は由蔵。号は盧橘庵(ろきつあん),橘庵など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

田宮仲宣の関連キーワード田宮橘庵松風戯作

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android