コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田宮仲宣 たみや ちゅうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田宮仲宣 たみや-ちゅうせん

1753?-1815 江戸時代中期-後期の戯作(げさく)者。
宝暦3年?生まれ。京都の呉服商にそだったが,放蕩(ほうとう)のため放浪生活をおくる。天明5年大坂にきて,洒落(しゃれ)本「粋宇瑠璃(くろうるり)」「郭中掃除」など多数の作品をかいて生計をたてた。大田南畝(なんぽ),曲亭馬琴と親交をむすんだ。文化12年10月15日死去。63歳?通称は由蔵。号は盧橘庵(ろきつあん),橘庵など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田宮仲宣の関連キーワードイタリア演劇ラ・ファリーナオブレノビチ家ミロシュ・オブレノビチ大英博物館高橋孫兵衛吉住小三郎大英博物館銚子醤油フランクリン(Benjamin Franklin)