田村 木国(読み)タムラ モッコク

20世紀日本人名事典の解説

田村 木国
タムラ モッコク

明治〜昭和期の俳人,新聞人



生年
明治22(1889)年1月1日

没年
昭和39(1964)年6月6日

出生地
和歌山県笠田町

本名
田村 省三

学歴〔年〕
北野中卒

経歴
大阪朝日新聞に勤め、明治43年全国中等学校野球大会(現・全国高等学校野球大会)を企画、創始した。その後大阪毎日新聞社整理部長。少年時代から俳句を作り、行友李風らと洗堰吟社を創立、河東碧梧桐の影響を受けた。大正6年虚子の門に入り「ホトトギス同人、11年俳誌「山茶花」同人、戦後同名の「山茶花」創刊、主宰。句集に「秋郊」「大月夜」「山行」、随筆集「龍の髯」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android